アクセスがやたら多いブログは3000字クラスの記事を量産

だいたい、当てはまる。
アクセスが際立って多いブログ群では3000字クラスの記事を量産している。

まえにも書いたが、3000字~4500字くらいが検索からアクセスを集めやすくなる記事の水準。
このクラスの記事を量産できれば、検索エンジン経由のアクセスは嫌でも増えて行く。

アクセス数が多いなぁと思うブログで記事の文字数を測定すると、だいたい3000字以上はある。
今の検索エンジン環境だと、長文記事というのは、この3000字~4500字くらいの記事を指す。

1500字や2000字程度なら長文ではなくて、「中文」。
一昔前は、これを長文と読んだのだが、今は中文あつかい。

400字や600字の領域なら、「短文」。
600字なら昔なら中文と言えたが、今は短文あつかい。

短文や中文を量産しているブロガーは、長文を量産しているブロガーには検索経由のアクセス数ではまず勝てない。
短文や中文は生産が楽だが、長文の生産はとても大変。

長文だと記事生産が大変だから、他のブロガーの中から頭一つ抜き出る。
だから、当然、検索でも抜きんでて記事群が優位に立てるようになる。

そんなこんなで、長文ブロガーの検索アクセス数が多いのは、当然ちゃ当然。
ただ、長文量産はしんどいよね。

長文量産はとても大変。
私の場合、昔、長文というよりも「超長文」を量産してたんだが、あれはきつかった。

1万字の記事とか、1万5千字の記事とかの量産だから。
ただ、このクラスの記事は、長文記事と比較して劇的に検索集客効果がアップするかというと、そうでもなかった。

1万字から数万字の超長文記事は、数千字の長文記事よりは強いけど、際立って検索集客に強くなるわけでもない。
むしろ記事生産にコストが嵩み、そっちのダメージの方が大きかった。

数千字の長文も生産にコストはかかるが、投じたコストに見合う程度のリターンはあるので、超長文を量産するよりは長文を量産した方が良いのは、たしか^^;。